南青山ひのみ療法院

03-5466-2320 WEB予約はコチラ ▶
受付時間:11:00~20:00 水曜・日曜定休

捻挫とは?

捻挫の早期回復は 港区表参道 南青山ひのみ療法院へどうぞ!


一般病理学によると

捻挫とは、関節に力が加わり、関節包、靭帯などの関節を支持する組織の損傷や断裂のことを言い、力を加えたりすると痛みはありますが、異常な方向には動かないものとされています。

治療は、アイシング後、ギプス、サポーター、テーピングなどで固定して回復を待つ保存療法と回復して来てからの運動療法で動きや筋肉をつけていく方法が一般的です。



ひのみ療法院では

一般的な捻挫であれば、上記の様な病院での治療で十分に回復して行きます。しかし、既に病院などで治療を受けられているにもかかわらず、予定よりもずっと回復が遅い場合、もしくは試合や公演を控えていて早期に回復させたい場合は、この異常緊張を取ることがしっかりと、そして早期に回復させるポイントになります。

通常の治療を受けられて、筋肉トレーニングで筋肉も増強しても、中に緊張が残っていることがあります。患部に緊張が残ってしまうと、通常時と比べ、筋肉が硬くなりやすくなります。結果、血流が滞り、患部に必要な栄養が不足し、当然回復も遅れ、いつまでも完全には回復せず、何かの動作ではいつも痛いような状態になることがあります。

その為、捻挫は単に固定するだけではなく、緊張を取ることで筋肉が柔らかくなり、より効果的に早期回復させることが可能です。固定もやり過ぎると患部圧迫の原因になって回復が遅れることがあります。

ここまで緊張のことばかりを書きましたが、当然捻挫は組織の損傷、キズになります。その為、強い力で押したり揉んだりすると返って傷が広がって悪化してしまう為、強い力を使わずに筋肉を柔らかくすることが必要となります。

ひのみ療法院では強い力で押したり揉んだりせずに、非常に柔らかな施術方法で、緊張を取り筋肉を柔らかくしています。

捻挫がなかなか治らない方、早期回復をお望みの方は是非一度ご来院下さい。

※また、なかなか治らない捻挫や、捻挫を早期回復させるには、単に患部を施術するだけではなく、お身体全体の状態や姿勢、クセ、動きを調整する必要があります。