南青山ひのみ療法院

03-5466-2320 WEB予約はコチラ ▶
受付時間:11:00~20:00 水曜・日曜定休

寝違えとは?

寝違えは 港区表参道 南青山ひのみ療法院へどうぞ!


一般病理学によると

医学用語では「頸椎捻挫」にあたり、睡眠中に首や背中の関節に無理な力が加わることで、関節や靭帯などの組織に軽度の損傷や断裂が生じた状態とされています。

症状としては、朝起きた時に首や背中に痛みがあり、「固まって動きづらい」と言う様な軽い症状から「首を少し動かすだけでも激痛が走り、起き上がることも出来ない」ほどの重い症状まで痛みの程度はさまざまです。

一般的な治療法としては、痛み止めや湿布、神経ブロック注射、電気治療、コルセットなどがあります。



ひのみ療法院では

寝違えは寝ている間に患部の筋肉に力が入った状態が長く続くことでの極度のコリや、その状態で寝返りをうった時に起きる組織の損傷やキズと考えております。

この組織損傷が起きた場合、患部の損傷が酷いほど、強く押したり揉んだりしてしまうと、傷がより深く大きくなり悪化してしまいます。 その為、「寝違えは、押さずに良くする」これが寝違えを最も良く回復させる為のポイントになります。

ひのみ療法院では、寝違えに対し、非常にソフトな施術方法で損傷部位の固まった筋肉を柔らかくし、ズレた骨を整えます。これによって損傷部位の修復が早まり、強い痛みで振り向けない状態や、一般的な治療を受けても回復しづらい長引く寝違えが解消されます。

当院の施術は子供からお年寄りまで安心して受けられる施術方法です。 寝違えで症状がひどい場合、長引く場合、早期回復をご希望の方はいつでもご来院下さい。