南青山ひのみ療法院

03-5466-2320 WEB予約はコチラ ▶
受付時間:11:00~20:00 水曜・日曜定休

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は 港区表参道 南青山ひのみ療法院へどうぞ!


膝痛

一般病理学によると

変形性膝関節症とは、膝関節の隙間が狭くなり、軟骨や半月板がすり減ったり、上下の骨がぶつかり、骨棘と言う骨のトゲができたりし、軟骨や骨自体の変形が起こるものとされています。

症状は、膝の痛み、こわばり、腫脹、膝の水、膝が曲がらなくなる、伸びなくなるなどの可動制限、それらによる階段、歩行時の困難などがあります。

原因は、老化、筋力低下、肥満、O脚や、外傷(半月板損傷、靭帯損傷等)代謝異常、感染症の後遺症などが関係しているとされています。

男女比では女性の方が1,5~2倍ほどと多く、我が国の疫学調査では、症状の出ていないレントゲン診断による患者も含めると、40歳以上で推定2530万人、そのうち、男性860万人、女性1670 万人とされており、症状の出ている患者数は約 800万人とされています。

治療法は、運動療法(太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を鍛える等)、薬物療法(消炎鎮痛剤、ステロイド・ヒアルロン酸関節腔内注射等)があり、病変が進行し、著しい機能障害を示すものに対しては、手術となります。


ひのみ療法院では

通常、変形性膝関節症は、老化や体重の増加が原因と考える方が多いと思います。

しかし、年齢が高くなられた方、体重の重い方、レントゲン検査で変形性膝関節症と診断された方全てが変形性膝関節症で痛く辛い思いをされているかと言いますと、そうではではありません。

ではその違いは何なのでしょうか?一体どこに本当の原因があるのでしょうか?

ひのみ療法院では、変形性膝関節症の痛みの原因は、以下の2点であると考えています。

①筋肉が硬い

「膝の軟骨が潰れる」とはどういうことでしょう?

毎日体重を支え酷使する膝には、軟骨や半月板というクッションの役割をするものがあります。そしてこのクッションの役割は半月板や軟骨だけではなく、実は筋肉も膝の衝撃や負担を受け止め、分散吸収するクッションの役割をしています。

しかし、老化や筋力が低下している状態で、膝周辺の筋肉が硬くなってしまうと、膝の負担を軟骨や半月板だけで支えなくてはならなくなり、また、関節は靭帯だけではなく筋肉でも繋がっていますので、筋肉が硬く縮むと、関節の間が狭くなってしまいます。

そして、それらが耐久力の限界を越えてしまうと、どんな膝でも潰れてしまい、結果、変形性膝関節症となってしまいます。

変形性膝関節症の方の膝周辺の筋肉は、例外なく非常に硬くなっています。

筋肉を柔らかくすることで、回復に必要な血液を送りやすく、老廃物を排泄しやすくし、同時に膝の筋肉によるクッション性を回復させ、膝への負担を軽くすることが最も大切なことになります。

また、この筋肉が非常に硬い状態で運動療法を過度に行ってしまうと、筋肉はより硬くなって悪化することがあります。よく治療を受けて運動療法もしているのに悪化された方はこのケースが多く、注意して行わなければなりません。

②メンテナンス不足

人間は常に新陳代謝を行い、膝の組織を新鮮な良い状態に保とうとしています。

日常生活や運動によって疲労し、組織が多少傷ついたり、老廃物が溜まっても、この新陳代謝のおかげで修復や新しいものに交換され、膝を良い状態に保ってくれています。

そのようにして、本来多くの負担に耐えられるようにできている膝ですが、何をしても壊れないというものではありません。必ず限界があります。

疲れて硬くなり、栄養である血液が来づらく、老廃物が出づらい状態を続けてしまうと、元々がどんなに健常な方でも、組織は壊れてしまいます。

また、人間は良い状態の時をよく覚えているもので、本当に悪化するまでは、いつまでも若い、いつまでも筋肉が柔らかく、力強い状態だ、と思ってしまい、ついついメンテナンスを怠り酷使してしまいがちです。

電化製品でも服でも家でも物はメンテナンスをすることで長く良い状態で使う事が出来ます。

人間も老化を避けることはできなくても、丁寧にメンテナスすることで膝の組織を良い状態に保つことができます。



「回復方法」


原因の特定

上記に、原因は筋肉の硬さと書きましたが、実際には膝以外にも、足首や腰が元々悪く、それを庇って負荷が異常に掛かっている場合や、合併症が併発していることもあります。

原因が曖昧なまま施術をするのと、しっかりと把握して施術をするのでは、症状が重ければ重いほど効果に雲泥の差があるため、ご来院されました初回は通常よりも長いお時間を頂き、細かく丁寧に検査やカウンセリングを行ってから施術をさせて頂いております。

施術

施術では、膝だけではなく、背骨、骨盤、足首まで、関係していることがあります。これらの部位の筋肉をやさしく触れて揺らしたり、ゆっくり無理なく伸ばす方法で、筋肉の過緊張を取って柔らかい状態にし、骨や関節のズレ、歪みを調整し、膝への負荷を減らすことで、変形性膝関節症の痛みを取り、水が溜まりにくい状態にし、元気に歩ける状態にしていきます。

回復の過程

症状が軽い場合は、1回の施術でも水が減っているのがわかったり、痛みが無くなったり、可動域が増えたりしますが、症状が重い場合は、施術で改善した後、生活習慣による負担で少し痛みが戻り、その後、また施術をすることで1回目よりも改善し、また、少し痛みが戻るが前よりも良い状態、と言うのを繰り返していき、次第に痛みがなくなっていきます。

必要な通院間隔は、始めは週に3回程度、軽ければ週1回程度の施術を受けて頂き、痛みや膝の水が出てこない期間が増えていったり、歩き方がしっかりしてくる度に通院間隔を空けていきます。最終的には、変形性膝関節症だけではなく、より強く丈夫な膝を作り上げることが目標です。

「水を抜くことについて」

膝の水を抜く行為をされますと、膝が硬くなってしまいますので、水を抜かないことが基本となりますが、膝の水をパンパンになるほど放置してしまい、更に状態が酷く、施術で水が抜けていく速度よりも早く水が溜まる状態の場合、膝の水それ自体が膝を圧迫し、筋肉が硬くなってしまう原因となりますので、一時的に膝の水を抜く方法をお勧めしております。

パンパンな状態でも、施術をして柔らかくなり、水が抜けていくようでしたらやはりお水を抜かないことをお勧めしています。

その後、また膝の水を抜く行為をして膝の筋肉を硬くしなくて済むようにしっかりとケアをして、水が溜まらない膝を作り上げることが大切です。

これらの方法によって、当院では現在までに多くの方の変形性膝関節症による痛みが解消されています。

変形性膝関節症は重症度によって違いがありますが、放っておくとより重度の状態に移行します。

なかなか膝の痛みが改善しなかったり、根本から変形性膝関節症を回復させたい方はお早目にご連絡下さい。